オフィス家具を処分する際はリサイクル業者も検討してみましょう


会社の移転などで、デスクやロッカーなどを処分しなくてはならないという場合があります。当然ながら、通常このような大型の家具は処分をするために、費用が掛かります。それも、自治体の粗大ゴミの様な扱いではなく、産業廃棄物として処分する必要があるため、処分のための費用も以外と高額になってしまいがちです。このように、不要になってしまったオフィス家具などを、買い取ってくれるようなリサイクル業者が存在します。

業者によってさまざまですが、買い取った商品は自社のショップで販売したり、別の業者や企業に転売するなどをして利益を出しています。基本的には、デスクやチェア、キャビネットやパーティションなど、オフィスで使用していたものであればある程度買い取りの対象となります。しかし、どのようなオフィス家具でも買い取ってくれるというわけではありません。査定の結果次第では、査定額が低かったり買取不可となるものもあります。

あまりにも古かったりするものや、欠陥のある商品、天板が木製のデスク、ガラス製品などは買取できないケースが多いようです。理由としては、需要がなく、引き取っても転売やリユース不可能だと判断されるからです。しかし、買い取ってもらえなかった製品でも、無料で引き取ってくれる場合があります。主に、スチール製のデスクなどは、引き取りの対象となることが多いです。

通常はお金をかけて処分しなくてはならない大型のデスクなどを無料で引き取ってくれるのには、ちゃんと理由があります。資源として再利用することができるため、専門の業者でキロ単価で買い取ってもらうことができるからなのです。処分を検討される場合は、まず一度このようなリサイクル業者による買い取りや回収が可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。また、逆にこのようにして回収されたオフィス家具を購入することも可能です。

このような商品を安く販売している専門のリサイクルショップなども、地域にたくさんありますので、購入費用を抑えたい場合などは上手に利用すると良いですね。