オフィス家具ならこのメーカーがオススメ!


例えば、ビジネスバッグを買うならポーターが無難、というように、オフィス家具にも代表的なメーカーというものが存在します。そこを買えば必ず正解というわけではありませんが、ある程度の品質が保証されていなければ家具のような高額の出費に踏み切るのは難しい部分があります。

ですから、購入の際には世評というものを知っておく必要があります。ここでは、オフィス家具の代表的なメーカーをいくつか紹介します。いずれのメーカーにも特徴がありますから、自分の好みに合わせて、楽しみながらレイアウトできると理想的です。

KOKUYO(コクヨ)オフィス家具に詳しくなくとも、名前を知らない人はいないくらいの代表的なメーカーです。主な商品として、コクヨステーショナリーのキャンバスノートが有名なのがそのゆえんです。

オフィス家具としてはチェアの需要が高く、座り心地や使いやすさに定評があります。Garage(ガラージ)機能性よりもデザイン性に秀でたメーカー。著名なのはデスクで、シンプルなデザインと大胆なカラーリングがオフィスを彩ってくれます。決して高機能に作られているわけではありませんが、よく言えば無駄のないつくりをしていますから、追加のオプションを加えていくことで、オフィスの家具としては問題なく機能してくれます。

イナバインターナショナル一般には物置として有名なメーカーですが、オフィス家具製造の歴史の方が長く、国内でもかなりの老舗になります。デスクのデザインに人間工学を導入した先駆け的存在で、機能的なデスクが働きやすい環境づくりに一役買ってくれること間違いなしです。BISLEY(ビスレー)イギリスの老舗メーカーであり、本国ではナンバーワンの生産規模を誇る大手になります。

ビスレーで作られるデスクは、美しさの機能性、どちらも高いものを備え、品格を感じさせる質の高いものです。機能性のみ、デザイン性のみに力を入れているメーカーとは一線を画する存在感がありますから、一流のオフィス家具にこだわりたい人にはたまらないメーカーと言えるでしょう。