日本の人気のオフィス家具メーカー


国内・海外のオフィス家具メーカーどっちがいいの?

sample01

オフィス家具は、海外のメーカーから日本のメーカーまでさまざまな企業が存在しております。その中でも、あえて日本の企業に絞って、いくつかおすすめの会社を紹介していきたいと思います。普段あまり、オフィス家具を扱っている会社名を聞く機会もないかと思いますが、これだけは押さえておきたいというところを紹介していきたいと思います。まず一つ目が、「コクヨ」です。どちらかというと文具を販売しているイメージの方が強いかもしれませんが、実はオフィス用の家具なんかも製造しております。「ひらめき はかどり ここちよさ」というキャッチフレーズがある通り、働きやすい環境作りをアシストできるように、便利で働き方を意識した製品を製造・販売しているのです。
また、日本全国で、年間にして25,000件以上のオフィス・空間を手掛けているという実績もあります。多くの企業から信頼されている会社なのです。

オカムラが作り上げるオフィス空間

sample01

次に、「株式会社 岡村製作所」です。「誰もが心地よくいられる空間をつくる」という言葉をモットーとしております。オカムラが作り上げる空間は、製品が実際に配置され、そこで働く人をイメージして、どのように行動するのかを考えて設計されております。それが、誰もが心地よくいられる空間づくりを実現できる方法なのです。有名なの商品は機能的なオフィスチェアです。製品の開発だけにとどまらず、物流から、保守点検、廃棄まで、全て一貫した品質保証サービスを行っている、安心の企業です。

ライオン事務機のオフィスチェア

sample01

最後に「ライオン事務機」です。実は1792円に創業され、筆墨商から始まる長い歴史を誇っている企業です。児童向けの小物文具を手掛けたり、オフィス向けの家具やOA機器を販売するなど、幅広い商品を取り扱っております。中でも、肩にかかる負担を少なくし疲れにくくなる「アイビートル」というオフィスチェアが代表的な製品となっております。海外のメーカーはデザイン性を重視したものが多いのですが、日本の企業は使いやすさ、あるいは性能という面を重要視して製造するという傾向があります。やはり日本人は、世界的に見ても長時間働く傾向があるため、いかに働きやすい職場づくりに貢献するか、ということが大切になってくるのです。