おしゃれな家具で、企業価値を高める!


現在、オフィスをただの仕事の場とするのではなく、企業を成長させるための経営戦略の一つとして、その役割が見直されているそうです。その中でも、オフィス環境を快適にし、社員たちの想像力を引き出すための仕掛けが施されている戦略的なオフィスである「クリエイティブ・オフィス」が注目されています。

クリエイティブ・オフィスでは、コミュニケーション、フレキシビリティ、ブランディングという3つの要素が重要視されています。必要箇所以外をオープンスペースにすること、デスクなどを割り当てずに共同で使用するフリーアドレス・オフィスにすることで、その日の仕事などに合わせて行動することができ、コミュニケーションをとりやすく生産性の高い環境にすることができます。急な増員などにもスピーディーに対応することができるので、作業効率を遅らせることがありません。

ただし、オープンスペースのみの環境では、騒音・雑音、視覚的なプライバシーなどに関しての不満が高くなり、生産性が低下する可能性があるので、個人で作業できるスペースもつくる必要があるようです。また、その会社に誇りを持てるようなオフィス空間をつくることで、社員一人ひとりの満足感、モチベーションが上がり、その結果、離職率を下げることにも繋がっていくそうです。

国内外で、オフィス環境を整えることで生産性を上げたり、より有能な人材を確保するために、ここで働きたい!と思わせるような魅力的なオフィス空間をつくる企業が増えています。そのような環境つくりに欠かせないのは、おしゃれなオフィス家具ではないでしょうか。機能性、耐久性のみならず、高いデザイン性も兼ね備えたオフィス家具を作っているメーカーが数多くありますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。SOHOであれば、よりこだわった空間つくりをしやすいのではないでしょうか。

デスクやチェア、キャビネット、小物など、一点一点にこだわった空間は、それだけで企業の宣伝になるかもしれません。おしゃれな家具などを活用し、ブランディングの要素を高めることによって、企業価値も同時に高めていけるのではないでしょうか。