かっこいいオフィスにするためには


一昔前は職場に華やかさやスタイリッシュさは全く求められていませんでした。それよりも仕事の効率を上げること、また結果を出すことが最優先されていて、職場のイメージは灰色のデスク、シンプルなオフィスチェアなどといった面白みも味気もないものだったのではないでしょうか。

しかし現代では会社のイメージは職場のインテリアや雰囲気に大きく左右され、そのような印象によって他会社、もしくは顧客との契約などに大きく関わりがあると言われているのです。カラーコーディネーターという職業もあるように、色は人の心理と行動に大きく働きかけ、暗記力や回想力、または認識力の工場、または低下も色に大きく作用されていると言われています。

ですから、オシャレなオフィス家具を見つけた際には色にも注目してみましょう。この色はどんな仕事環境を目指すかによっても選ぶ色が変わってきます。落ち着いて仕事をしたいのであれば青、やる気を出したいのなら赤、脳を刺激させたいのであれば黄色など、場所によって色を変えてみるのもいいでしょう。

しかしあまりにもたくさんの色があると落ち着かないので、全体の雰囲気などを考慮に入れてトータルコーディネートをしてみましょう。オシャレなオフィス家具の見落としがちな点は、斬新だったり目を引くデザインだったりして見た目はいいけれども、実際に使用してみるとあまり快適ではないということです。

デザイン重視で機能性がかけてしまっているものも、以外にたくさんあるため、スタイリッシュと機能性を兼ねた物を選ぶようにしましょう。またすべての設備をオシャレなものにする必要はありません。シンプルなデザインの中に目を引くものがあるからこそ、素敵な空間づくりをすることができるのです。

職場の雰囲気を良くしたい、イメージチェンジしたいと思うならインテリアコーディネーターなどプロの方に頼んでみるのもいいですし、自分たちで試行錯誤しながら選んでいくのも楽しいかもしれません。